文化・芸術

空堀散策。

Photo_12Photo_13こないだ相方さんのリクエストで、「ちりとてちん」のドラマセットの公開をみに行ってきました。平日なのにすごい人だかり。人気があるのですね。相方さんは毎朝欠かさず見ているらしいのですが、私はといえば数回みた程度なのでセットをみてもいまいちピンときませんでしたが、それでも周りの人達が嬉しそうに写真を撮っているのをみていたら私まで嬉しくなって写真を撮りまくってしまいました。写真はドラマ内でキム兄がしているお店です。とまぁ知ったかぶりしてみた。(実はキム兄が出てることすら知らなかったあたしです。)・・・すんません。

そのあと、とりあえずは腹ごしらえでしょ。腹が減っていては歩けませんもの。お目当ては釜戸ダイニング&雑貨「縁のランチです。普段は無計画派な二人ですが、めずらしく事前に調べてきたのです。ここでは、お釜と薪で炊いたおこげ付きご飯が食べられます。座席が1階と地下になってて、地下には大阪城のお堀の跡がそのまま残っているそうです。それが見たかったのだけど残念ながら今回は1階の席でした。ランチもこいさんセット(日替わり)が食べたかったのに売り切れでだんさんセットになりました。こちらのセットはメインが焼き魚で選べるので、相方さんはさんま、私は鯵にしました。残念が続いたのでちょっぴりテンションが下がってたのですが、お味は評判通り美味しかった~。写真を撮り忘れてしまいましたが、あの内容で¥850はお得だと思います。今度はこいさんセットを食べに、またいきたいなと思います。

腹ごしらえの後は、空堀散策へ。空堀ってとこは、古い民家や蔵が並んでいて歴史というよりは時間の経過を感じる普通のふるびた町。そんなさびれた町の再生に、町屋を改装したお店やギャラリーが出来ているところです。今回はそんな複合ショップ「萌・練・惣」を中心にまわりました。。アーティスティック、、なんていうと洋風で白を基調とした空間や、どこか冷たく無機質な印象があったりして、足を踏み入れるのを一瞬躊躇してしまったりするのですけど。(完全に私の勝手なイメージですけどね)

0045_6ここの雰囲気は非常にノスタルジック。温かみが残っていて一瞬で馴染んでしまう感じです。この町には住んだことがないので実際には味わったことのない懐かしさなんでしょうけど、なんとなく昔にみたことがあるような、あたかも知っていたかのような感覚が湧きあがって「懐かしいなぁ」なんて、しみじみしてしまいます。写真は「練」。

「萌」の中には直木三十五記念館(写真左下)があります。なんでもこの人、あの直木賞のその人なんだとか。知りませんでしたが興味本位で入ってみることにしました。それほど大きくはない部屋に畳が敷かれていてショーケースに直木さんの作品や記事などが並べられています。本棚にも直木さんの作品とその他の直木賞受賞者の本がずらり。時間制限は無いようで読み放題です。平日だったからか私たちが入ってから出るまでの間、誰も来ませんでした。畳が敷かれているのは直木さんが畳の部屋で臥て書く習性があり、そんな彼の視点を体感しつつ、くつろいでもらえるようにとのことです。コンセプト通 りゆったり時間が流れる空間でありました。ちなみに入場料は¥200です。

Photo_200008_9今回初めて空堀を歩いたのですが、大通りに出れば見慣れた近代的なビルが並んでいて、古い町並みとのコントラストが面白いです。疲れたときにふと立ち寄りたくなるお洒落な町といったところでしょうか。別に今どきな町並みを非難するつもりは無いのですよ。そういうのも好きですし。でもやっぱり、心底落ち着くのは和風なんだなあと思ったってことです。

そうそう、そんな町の中に不思議なものが。おでん缶やラーメン缶の自販機を発見。テレビ でしか見たことなかったけど、今ではパスタ缶まであるのですね。びっくり。こんなところに売ってたとは。しかもそんなに人通りのなさそうな所にぽつんとたってましたけど。買う人は いてるんだろうか。うーん、とても惹かれます、この町に。

|

2月9日、百年後の景色。

同日、京都に行った帰り黒田武志さんの美術展を観にヘップへ立ち寄りました。

詳しくはコチラでどうぞ→HEPHALL公式(百年後の博物館)

そのヘップホールで働くお友達情報によると、

今回の展示の舞台構成と設置を維新派の舞台美術の監督さんが務めたそうです。

入ってすぐ木の香りがほわんと漂ってくるのが印象的。。

手にとって遊べるようなオブジェもあったのでお子さんも楽しめるんではないでしょうか。

未来のような、でもどこか懐かしくて過去にみたことのあるような。

とても不思議な空間でした。興味のある方は是非に。

|

星のみえない街にて。

昨日はプラネタリウムを観に行きました。

プラネタリウム、何度かいってますけど最後まで観れたためしがありません。

なんだろうね、あの空間は。

音の大きさ、程よい光のコントラスト、そして椅子のリクライニング具合。。

そりゃぁ普段不眠がちのあたしの脳だって勘違いするわけです。

お陰で今回も45分程度の上映の3分の1くらいは記憶がありません。

ちくしょう!次こそは全部観ようと思います。(とか、毎回言ってる気がしますけども・・・)

そうそう、大阪は日本一?いや、世界一?星が見えない都市らしいですよ。

T_2まぁプラネタリウムは綺麗でしたけど、もちろん写真撮影は禁止なので、

かわりに科学館の外にいた雀をパチリ。お天気良だったから日向ぼっこしてたのかな。

その様子がすんごい可愛かった。

その後、お茶しにカフェへ。写真左は、私・・・ではなく相方が食べたフルーツベリーパフェ。

右のはそのカフェで売ってた煙草チョコ。思わず買ってしまった・・・こんなん大好き。

0011 8

|

摂取。

京都にて。

K_2

0004_2

0007_3

U_2

H_3

|

見えないはずが、見えたもの。

見えないから、見たくなる。

スカートの中も。愛する人の心の中も。でも今なら体の中は見えるらしい・・・

ということで、人体の不思議展に行ってきました。

展示内容は、スライス人体、各臓器、血管、脳の重さ体験など。その他諸々。

解剖された人体標本や臓器がずらり並んで、、とか言うとグロいものを想像しますが。

綺麗に保存されたものばかりなので全体的に見易い感じです。。

病的臓器もあってその中に黒ずんだ肺があったけど、あたしも以前喫煙者だったので

こんな色してんかなーって思ったくらいで、この程度ではあんまり危機感は抱けない感じ。

そんな感じで展示内容は盛りだくさんですけど、私としてはもう少し生々しさが欲しいところ。

それに、前回(五年前かな)見たときと同じような気がしました。

ま、今回は相方が貰った招待券で行けたので良しとします。

そうそう、スカイビルの下(広場?)でドイツ祭りみたいな催しをしててね、

もう少し寒くなかったらドイツビールが飲みたかったなぁ。。

|

キム兄屋敷。

毎日暑い日が続きますね。夏はやっぱり苦手です。

が、キム兄が「ええモン見せたる!」なんて言うてるん聞きつけましてね、

木村祐一展「キム兄屋敷」に行ってきましたがな。

ええモン見せたる!って言うてるくせに、

会場入ってすぐ「来たん?」との張り紙出現。。思わずニヤリ。

続いて壁には、へんてこ写真とヘッドフォン。それを耳にあて、またまたニヤリ。

爆笑ってよりも、このニヤリってのがキム兄らしくて素敵です。

その他諸々、面白かったですよ。

あぁ、、ええモン見せてもらいましたとも。ごちそうさまです。

夏だからってお化け屋敷に行ってる場合ではありません。。

キム兄屋敷は8/15まで。興味のある方は急いで!!

詳しくはこちらへ→HEPHALL 公式

|

手塚治虫記念館。

手塚治虫記念館に行ってきました。展示会は地下1階~地上2階まで。

地下1階はアニメ工房と称して、コンピューターを使ってアニメ作りの体感ができ、

1階には手塚氏ゆかりの品や、幼き頃の作品などがずらりと並んでいます。

2階は企画展示室で展示内容は入れ替わるそうで、

今回は”原画の秘密展”で、実際に使っていた書斎の再現コーナーや没書などの展示、

ぬりえが出来るコーナーと、あとは、手塚治虫記念館限定のプリクラなどもありました。

右から2番目下の写真はね、トイレのタイルなんですよ~っ。

そんなとこまで抜かりなしとは。さすがです。。とっても可愛いですね。

それにしても、手描きの原画などを眺めていると、どこか懐かしく優しい空気が漂っていてながらも、

書き手さんの心というか魂のような、彼自身の生き様のようなものが痛いほど伝わってきて、、

なんだか無性に、私の心までもが熱くなってしまいました。

ま、外は夏真っ盛りで暑すぎましたが・・・ね。

でもそんな、暑く愉しいひとときでした。。

Photo_18Photo_20Photo_21Photo_22Photo_23

|

京の都。

1_1 昨日は京都に行ってきました。

金閣寺、龍安寺、仁和寺を拝観しました。

お寺を眺めていると、ゆっくりとした時間が流れて

Ryu_1人というものは、必ず過去と繋がりながら生きているのだな。と。

そんなことを改めて思い知らされます。

やっぱ京都って、いいなぁ。

|

維新派、遭遇。

Isinha1 維新派の「nostalgia」を観にいきました。

私が維新派に出会ったのは、98年公演の「王國」でした。

その時は舞台が始まったと同時に、音、呼吸、言葉、へんてこな動き、、、

といった独特なリズム感で舞台上を駆け回る白塗り集団に、

一瞬にして魂が引き込まれてしまったのを今でも鮮明に覚えています。

今回で観るのは4度目になるので、初めての頃のような衝撃は若干薄れてしまいますが・・・

それでもやはり、この集団の繰り広げる世界観にはやられっぱなしでした。

ただ今回はいつもと違い、前から二列目の席で舞台を近くで観れること、

また、相方と一緒だという事もあり、初めての事だらけでかなり興奮しまくっていた私でしたが、

極めつけの初の座布団席は、お尻がイタイ、イタイ・・・これにはちょっぴり残念な感じでした。

でもまぁ相方にも楽しんでもらえたようなので、とても充実した時間ではありました。

またいつの日にか、遭遇したいものです。。

|