« 自己防衛の果て。 | トップページ | 自我。 »

REALism。

1月18日、Park Style/ indigo jam unit『REALism』ツアーに行ってまいりました。

今回も客席は階段状で三方囲み。もちろんお尻にはオザブトンを敷いてのお座りスタイル。

そんな中、結構立ち見も。人が溢れておりました。。

「indigo jam unit。最強グルーヴジャズバンド」

パンフに書かれた文字にさらりと目を通したあと、ライブが始まりました。

あたし、今更ながら音楽が好きです。ジャンルとかこだわりはありません。

そもそもジャンルとか楽器とかその音楽のアレンジとか音楽用語とか、、、

簡単なもの以外はまったくもってわからないのが正直なところ。

でも今回聴いた音。インストだけど、ちゃんとストーリを感じました。

穏やかに歩いて突然ダッシュして、おぉー跳ねたーとか思ってたら、

ぶわんってひっくり返って、うねってうねって・・・また戻って歩いて。そしてスキップしてる。

そんな人間を見てるような感覚。

展開が非常にはやいんだけど、決して勢いだけではなく。

本人達はすべてを愉しんでるだけのような感じ。それが沁みてくる。。

もうね、私の持っている表現力では確実に足りなくて、その良さを全然伝えきれないんだけども。

ただただカッコよかった。もっと見ていたかった。もっと聴いていたかった。

あー、ドラム叩いてみたいなーとか思ってしまった。ドラムが2人っていいね。

音にもそれを聴いてる私にもいろんな感情がぎゅってつまってた約3時間でした。

なんか絶賛しまくったので今回の難点なんかも言っときましょうかね。

ちっちゃいホールで三方囲みなので一部の客席はスピーカーとアーティストがかぶって全員を見ることができない。

これ、非常に残念。演奏してる表情がみえないから。

あと証明の色が単色で演出がワンパターン、強めの光の際、証明の角度が悪くて目に直撃することがしばしば。

ま、これはあたしが遅刻してしまったので良い席が取れなかったせいです。仕方ない。

偉そうなこと言ってごめんなさい。そして相方さんよ、ごめんなさい。

ま、全体的には最高によかったので。

ちなみに、文鳥さんはこれ↓に興味津々でした。何気にどちらも白と赤。

おそろいやーん!

。。素敵

Ll_2

|

« 自己防衛の果て。 | トップページ | 自我。 »

音楽」カテゴリの記事