« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

クリスマスなので。

Photo

クッキーの型を抜いて

Photo_2

並べて

Photo_3

焼いて、出来上がり。

Sa

メリークリスマス!

|

モノブライ鳥。

D

首を傾げるトリ発見!!

最近これをよく聴いてます。モノブライト。

相方いわく、、、

声はトータス(ウルフルズ)で

音はアナログフィッシュっぽいらしいです。

確かにそんな感じかも。

あたしは結構好きです。この人達。

音も声も良いけど

言葉の選び方と使い方が非常に好みです。

文鳥さんにはこの音、

どんな風に響いてるんでしょうかね。。

|

星のみえない街にて。

昨日はプラネタリウムを観に行きました。

プラネタリウム、何度かいってますけど最後まで観れたためしがありません。

なんだろうね、あの空間は。

音の大きさ、程よい光のコントラスト、そして椅子のリクライニング具合。。

そりゃぁ普段不眠がちのあたしの脳だって勘違いするわけです。

お陰で今回も45分程度の上映の3分の1くらいは記憶がありません。

ちくしょう!次こそは全部観ようと思います。(とか、毎回言ってる気がしますけども・・・)

そうそう、大阪は日本一?いや、世界一?星が見えない都市らしいですよ。

T_2まぁプラネタリウムは綺麗でしたけど、もちろん写真撮影は禁止なので、

かわりに科学館の外にいた雀をパチリ。お天気良だったから日向ぼっこしてたのかな。

その様子がすんごい可愛かった。

その後、お茶しにカフェへ。写真左は、私・・・ではなく相方が食べたフルーツベリーパフェ。

右のはそのカフェで売ってた煙草チョコ。思わず買ってしまった・・・こんなん大好き。

0011 8

|

換羽、その後。

そういえば、今回の換羽で羽を集めておりました。別に集めてたことに意味はないんですけど、

一回の換羽でどのくらいの量が抜けるんだろう?ってな探究心から。

拾いそびれた羽もあったと思いますけど、とりあえず小瓶1瓶分になりました。

ちっちゃい体が結構な量の羽で覆いつくされているのですね。

換羽の経過も文鳥さんによって様々ですが、うちの文鳥さんはどちらかというと

一気に抜けて一気に生えかわるって感じです。豪快!男らしい!

そんなものを目にしてしまうと、私は無いものねだり人間なので

私の体を占拠しているムダ毛とやらもそんな風に綺麗さっぱりと抜けてくれたらいいのに・・・

なんて、浅はかにも思ってしまうのです。

*よければコチラもみてね→換羽

Photo_7 Photo_8

 

|

まるごとばなな。

******************************************

愛する人達といつまでも一緒にいられるわけではないし、どんなすばらしいことも過ぎ去ってしまう。

どんな深い悲しみも時間がたつと同じように悲しくない。そういうことの美しさをぐっと字に焼き付けたい。

(あとがきより抜粋。)

******************************************

彼女の云う「美しさ」がまるごと描かれた作品だと思う。

たぶん、好き嫌いが分かれるかもしれない。けど、あたしは好きだな。こういうの。

Photo_2

|

熟す。

今年もあと23日ですか。はやいですね。

足の速い人と一緒に走ると不思議と自分まで速く走れてしまうような感じ?

最近は実際に走ることは敬遠しがちですけど。気分だけはなんとなく急いでしまいますね。

歳をとるのも早い気がするし。。とか言うてる間に、

今日は、お友達の誕生日です。27歳の。

こないだ会った時に「年々誕生日を喜べなくなってきてるわー」なんて嘆いて?おりましたが。

私にはそんな彼女が歳と共に魅力を増していってるようにしか見えないので。

ありきたりな言葉しか選べませんが、「おめでとう」。そんな言葉を伝えておきました。

ま、これからも一緒に熟していこうじゃないか、友よ。

本当におめでとう。。

|

セックスの定義。

0011

君とのセックスは

愉しいお遊戯

 だったり

タマシイの交流

 だったり

とても大切な

 ひととき

だから また

したくなるんだ

  君と

|

昨日。

昨日は友達と二人飲みへ。彼女とは凄く気が合います。

いいことも悪いことも、それに伴う期待や不安も、

すべてをひっくるめて全力でぶつかっていく彼女の生き様に

たまらなくワクワクしてしまうのです。常に前へ前へ。うん、素敵。

久しぶりに会ったのだけど、相変わらず居心地がよくて愉しかったです。

ついつい止めていた煙草も吸ってしまいましたが・・・。

その後相方と会ったのですが、

前々から話題に上がってた松竹堂 フルーツ餅を持ってきてくれました。

中身は一口サイズのフルーツが白あんで薄く覆われていて、

その周りをこれまたうすーいお餅で覆っている洋菓子みたいな和菓子です。

口当たりがよく十分に甘いんですけど砂糖メインの甘さではなくて

フルーツの甘みと果汁がジュワーって広がりまくりです。

甘いものが苦手でも、フルーツは好きって人にもってこいのお味だと思います。

胃が痛かったにも関わらずぺロっと食べれてしまいました。美味しかったです。。

写真はラフランス味のもの。他にもイチゴやメロン等、あと旬のフルーツの味があるようです。

いやー、全部食べてみたいな。

0

|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »