« 専属の音楽屋さん。 | トップページ | 人間であること。 »

ある1日。

変な夢をみた。起きたら昼前だった。

寝違えてたらしく、首が痛かった。

とりあえずパスタを食べた。

お腹が痛くなったのでトイレに駆け込んだ。

なのに期待のものは出なかった。

スーパーに買い物に行った。暑かった。

洗い物をして、洗濯物をたたんだ。

夜は冷凍してたカレーと大根サラダを食した。

買い溜めていた本を読みはじめた。

まずは遠藤周作の「海と毒薬」を。

読んでいる最中、つけっぱなしのテレビに気づく。

テレビの中では干物女がてんやわんや。

大半の女子はそんなもんだろ。。ふっ。

なんて思いながら発泡酒を流し込み、

しばらくして本を読み終わった。

かくいうあたしも干物女に属されるのだろう。

首は今でも相変わらず痛い。

そんな1日だった。

|

« 専属の音楽屋さん。 | トップページ | 人間であること。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事