« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

専属の音楽屋さん。

またまた頂きました。。

made in 相方、、編集CDの第五弾!!今回はカバーソング編です。

歌い手はというと、Cocco、Chara、クラムボン、YUKI &麗蘭、

つじあやの、小島麻由美、UA、、、曽我部恵一、ハナレグミ、

Zazenboyz+Sexy Joe、POLYSICS、ドロノフネ。

この豪華な面々が、昔懐かしの曲~最近の曲をカバーした作品の中から、

相方がチョイスして1枚のCDに仕上げてくれてます。

ではその感想を。。まず、面々から想像するに、なんとなく統一感なさげかなと思ったんですが。

うーん。でもね、これが不思議。。聴いてみるとちゃんとまとまってるんです。

POLYSICSのチェリーにはちょっと笑っちゃったけどね。(いい意味だよ。)

なんだか一枚の作品かのようにスーっと耳に入ってきて身体に馴染み

最後まで心地よく聴けるんです

これはきっと、相方の才能だと思うな。ほんと凄いなと思う。

だから最近の私、CDなんてもの買ってません。

ちなみにツタヤのカードも行方不明だから借りにも行けません。

カード失くしたのは関係ないか・・・まっ、カードもいらないかなーて思うくらい。

だってわざわざ曲探しに行かなくてもCDくれるんだもん。

だってそのCDが私好みの曲が盛りだくさんで満足なんだもん。。

こうなったら私専属の音楽屋さんにでもなってくれないかなぁ・・・

・・・なんて、怒られるかなぁ??

でもそんくらい、全曲いい感じだったよってことが言いたかったのね。

今回、その中でも曽我部恵一さんとドロノフネの3曲が、とっても気に入ってます。

ありがとね、相方さん。またよろしく頼むよ^^

なんちゃって。。ずうずうしいかね、わたしったら。

|

やさしい。

やさしいには、「優しい」と「易しい」がある。

優しい:思いやりをもって接する態度。

易しい:容易い、簡単なこと。

辞書ではそんな意味らしい。。

あたしは人にやさしくする。頼まれもしないのに親切の押し売りをしてしまう

もしかしたら使い方が違うかもしれないけど、

あたしの中での人にやさしくするって事の意義は、後者の「易しい」にあたると、あたしは思っている。

人にやさしくするのは、私にとっては容易いことだから。

人にやさしくするのは、めんどくさい事に巻き込まれたくないから。

人にやさしくするのは、結局はその方が自分が心地よく過ごせるから。

だからあたしは大切な人にもやさしくする。けどそれは、前者の「優しい」にあたると思っている。

大切な人に優しくするのは、大切な自分以上に大切な人だから。

大切な人に優しくするのは、私にとってはそれが普通のことだから。

ただあたしがそうしたいから、そうしているだけだから。

別に意識をしているわけじゃないんだけど、、

でも「優しい」と「易しい」を使い分けてるんだなぁ。あたしって。

だから大抵の人はあたしの事「やさしいね」なんて言ってくれるけど、

本当のところ、他人に厳しく出来る人の方が「本当に優しい人」なんじゃないかなぁ。

相方といるとね余計にそう思うし、つくづくあたしって冷たい人間なんだなって反省させられる。

でもそんな汚い部分も含め、これがあたしという人間ってことは消せない事実だし、

ちゃんと受け止めて、そんな自分とこれからも付き合っていこう。と。

そんなことをふと思った、七月も最後の日。。

|

手塚治虫記念館。

手塚治虫記念館に行ってきました。展示会は地下1階~地上2階まで。

地下1階はアニメ工房と称して、コンピューターを使ってアニメ作りの体感ができ、

1階には手塚氏ゆかりの品や、幼き頃の作品などがずらりと並んでいます。

2階は企画展示室で展示内容は入れ替わるそうで、

今回は”原画の秘密展”で、実際に使っていた書斎の再現コーナーや没書などの展示、

ぬりえが出来るコーナーと、あとは、手塚治虫記念館限定のプリクラなどもありました。

右から2番目下の写真はね、トイレのタイルなんですよ~っ。

そんなとこまで抜かりなしとは。さすがです。。とっても可愛いですね。

それにしても、手描きの原画などを眺めていると、どこか懐かしく優しい空気が漂っていてながらも、

書き手さんの心というか魂のような、彼自身の生き様のようなものが痛いほど伝わってきて、、

なんだか無性に、私の心までもが熱くなってしまいました。

ま、外は夏真っ盛りで暑すぎましたが・・・ね。

でもそんな、暑く愉しいひとときでした。。

Photo_18Photo_20Photo_21Photo_22Photo_23

|

無念。

日韓戦。延長の末、PK戦へ。

気づけば日付が変わってしまいました。

あぁ・・・日本。応援の甲斐なく負けてしまいましたが。

それでも羽生が泣き崩れたときには

私の目からも少しばかりの水分が出ていきました。

まぁそれもつかの間のこと。

お風呂のシャワーと共に流してやったのでサッパリです。

さて、風呂上りのビールでも楽しむとするかな。。

|

ことばあそび。(あ行)その2

あ:アジアカップ(日本×韓国 戦)

い:いったいどちらが勝つのでしょう?

う:うーんまだまだ

え:ええ勝負です

お:応援するのは、もちろん日本!!

缶ビール片手に応援中です。後半戦に期待しましょう。。

|

模索。

人間らしさ。大人らしさ。

男らしさ。女らしさ。

子供らしさ。動物らしさ。

その他もろもろ、らしさ、らしさ・・・。

あっちも、こっちも、そっちにも。 

あっ、あんなとこにまで。

らしさ。らしさ。らしさ。

この世には、いろんな”らしさ”が溢れてる。

でもまだ見つかんない、

わたしらしさ。

いったいどこで見つけるのですか。。

私はまだまだ模索中。

|

文鳥と私(その3)。

左手の親指と右手の親指に、さかむけが出来ています。

左手の方なんか、紅い液体まで出る始末・・・

親不孝なんかしていません。たぶんしていないはずです。

怖くて親には聞けそうにありませんが。。

いや、違うんです。今回さかむけが出来たのは、一緒に暮らしている奴の仕業です。

私が愛してやまない文鳥の奴です。恩を仇で返すとは・・・ほんと困った奴です。

が、しかし、私には奴を叱る事は出来ません。

文鳥って奴は、とてつもなく賢い生き物のようです。

なにやら動物性蛋白を欲しているときに、よく人間の表皮やらを食べるらしいんです。

ちょっとした意思表示らしいんです。

実は今回、いつも買ってる餌が売ってなくて試しに違うものにしたんですよね。

その餌、いつものに比べると安めの物だったので、もしかしたら栄養価も下がってしまうのかもしれません。

たぶん奴はそのことに気づいたんでしょう。

しつこいようですが、誤解の無いようもう1度書いておきます・・・

決してケチったわけではありません!いつものやつがなかったんです。だから仕方なく。なんですよ。

だって餌を変えるまでそんな事なかったですもの。

なので、奴は本能に従ったまでなんです。結構素直な奴なんです。

そんな素直な奴を叱るなんてこと出来ません。

奴の思う存分さかむけを剥かしてやりました。結果、紅い液体が出たってわけです。

そんな私は、痛めつけられても、奴を好きであることに変わりはありません。

やはり文鳥バカなのかもしれませんね。

|

ことばあそび。(あ行)

あ:愛してる

い:言った矢先に

う:浮気かよ

え:笑顔の裏は

お:おおかみなのね

(参考:友人談)

そうとは知りながらも、妙に期待してしまうのが女の性ってものなのでしょうか。。

落ち込む暇があるならば、自分を磨くべし!!

|

花盛り。

夏は嫌いです、というか苦手。

当たり前だけど暑い。何をしても暑い。

負けん気だけは100%のあたしですら、とにかくやる気を吸い取られてしまう。

だから嫌い。というか苦手。

そんなあたしでも、夏に対して感謝するときが一瞬だけある。

それは、夏になると蓮が咲くこと。普段はなんてことのない池が蓮で埋め尽くされること。

蓮を見ている時だけは、どんなに暑い日であろうが暑さを忘れられる。

どうしてこんなに蓮が好きなのかは、自分でも解らない。

某有名なスピリチュアルの人が、

現世で自分に関係する物や事柄は前世でも深く関わっていた可能性がある」と。

そんな事を言っていたのを聞いた覚えがある。

だから、もしかしたら私の前世が蓮だったのかもしれないし、

蓮を栽培していた人だったのかもしれないし、

恐れ多いが、もしかしてもしかしたらお釈迦様だったのかもしれない。

って、んなわけないか。もうこの際前世なんかどうでもいい。

現世のあたしは、とにかく蓮が好きなのだ。

だから夏は相変わらず苦手だけど、今年も蓮のお陰で乗り切れそうだ。

蓮の花盛りはこれからです

あたしだって、まだまだ負けてられません。。

Hana8_1Hana10Hana9_1

|

さようなら。

昼食作りをしていた私は、手馴れたことだと油断していました。

そんな私に突然別れはやってきました。

まさかこんな昼下がりに、お別れをしないといけないなんて、、

君の出番はもうすぐだったんだ。

君は何も悪くはないよ。悪いのは全部私のせいなんだ。

それなのに、それなのに・・・

ありがとう。でも、さようなら。。

泣いてなんかないよ。ただ悔しいだけなんだ、、

だってさ、君の代わりを探したって見つからないんだよ。

だってさ、君の代わりなんてもうどこにも居ないんだよ。

だから今日はさ、

卵なしチャーハンになっちゃったんだ。

君が居ないからさ、お米はここぞとばかりにくっついて離れなかったんだよ。

君が居なくなった今ごろさ、君のありがたさを実感したよ。

でも、泣いてなんかいないよ。ただ悔しいだけなんだ。

22 君は泣いているのかな。

また逢えるよね、きっと。

さようなら。さようなら。。

食材は丁寧に扱いましょうね。私も含めて、ですけども。

|

自己恋愛論。

恋愛をするなら、

恋愛をしてるのなら、

恋愛をしていたいのなら、

お互いが向き合うのは必須。

でもたまには違う方向を向くのもよし。

距離なんか問題にしてはならない。

不安に支配されて苦しいが故に、自己完結。

そして終了~、、なんてもってのほか。

それならば、

喧嘩ではなく、意見の言い合いと称して、

僅かでもいいから、

相手への思いやりを盛り込みながら、

その一瞬に本気で挑むべし。

そうすればたいていの事はクリア出来る。

それでも無理ならば、その時は次へ行けばいい。

私はそんな恋愛をしてきた。

これからもそんな恋愛をしていく。

相手が変わるのを求めるだけ、

相手が変わらないのを責めるだけ、

そんな恋愛なんて、したくないから。。

私の恋愛論は、、、お嫌いですか?

ようするに、お互いが楽しむこと。

ただそれがしたいんです。

|

大切。

NO 両親 NO わたし

NO 自分 NO LIFE

NO 相方 NO LIFE

NO 文鳥 NO LIFE

NO お金 NO LIFE

NO お米 NO LIFE

NO 野菜 NO LIFE

NO お酒 NO LIFE

NO 眼鏡 NO LIFE

NO 未来 NO LIFE

NO MUSIC NO LIFE ♪のパクリじゃねーかと思われたお方・・・

ええそうです、パクリです。

でも間を日本語にしたので、

どこぞのお国のパクリ加減に比べたら、

ギリセーフな感じだと思われます。

別にこのフレーズを悪用するつもりはありません。

だからパクったのは正直に認めます。

ちょっとした遊び心ってやつです。

ですから訴訟関係だけは、、、

どうかご勘弁を。

|

モットー。

かぼちゃの煮物が好きです。

転んでも起き上がります。

現在素敵な恋愛中。

んーと、泣きたい時もある。

座敷わらしには出会えません。

いちごが好きな、あの人が好きです。

短いスカートは履きません。

来週は梅雨明けするのでしょうか。。

いちいち悩んで疲れます。

いちいちはしゃいで疲れます。

冷たい人も案外好きです。

しいたけ、エリンギ、ブナしめじ。無類のきのこ好きである。

夢で恐喝されました。羽賀研二の憎いヤローに。

んーっと、えーっと、なんだっけ?

をしりの大きさなら負けません。

今更、後には引けません。

期待に胸は膨らみます。

ルー大柴を目指して、トゥギャザー!!

☆頭を使って読んだ人だけが解るはずです。

私のモットー。

|

祝い。

ブログを始めて、一ヶ月ちょっとの今日この頃。

そんな今日、嬉しいことがありました。

な、な、なんと!! 初めてのコメントがあったんです。

これはちょっとした進歩じゃないでしょうか。

嬉しすぎて、きっと今日は眠れないと思います・・・

いや、嘘です。これは言い過ぎました。

嬉しすぎて枕を濡らしてしまうと思います・・・

すみません、、もしかしたらこれも嘘かもしれません。

でも今は、そんな気分です。

これは本当です。

だから今日はビールでお祝いでもします。

初コメント記念と称して。。

ビールがぶ飲みです。梅酒も飲んじゃうかもしれません。

結局飲みたいだけかよ!と突っ込まれても、

今日だけは気にしません。

だってお祝いにお酒は付き物でしょう。。

だから、なんてったって、

がぶ飲みです。

|

地震。自身。自信。

今日新潟方面で強い地震があったようですね。

地震は怖いです。前触れなくやってくるんですもの。

ついこないだ、近畿地方でも地震がありました。

実際の震度は1~2程度だったみたいですけど、

震度を聞くまでは4~5くらいはあったように感じたくらいです。

正直ビビりました。ビビって相方に電話したくらいです。

そうなんです、私へタレなんです。たぶん重症です。

これは一生治りません。。

いや、緩んだ気持ちをを引き締めておくためにも、あえて治さないことにします。

そんなこんなで、地震つながりの一句。

■一人の夜 君に会えない寂しさが 震度2弱が 心を揺らす

女心は常に揺れているものなんです。。

|

厚化粧。

Sora6空が好きです。

いつもより近くに感じた今日の空は

雲で厚化粧をしていました。

               すっぴんを好む男性の気持ちとは如何に。。

               なんとなくわかったような。

               なんとなくわからんような。

               それでもやっぱり、空が好きです。

               

               

               

|

不思議。

知り合いが教えてくれた遊び。

摩訶不思議。

なまら不思議。(札幌弁)

てげ不思議。(宮崎弁)

めっちゃ不思議。(関西弁)

方言を使ったけど、使ってみたかっただけ。

ちょっと調子に乗ってみただけ。

マジック?超能力?

うーん、やっぱ不思議。

不思議体験をご希望のあなた、、

よければやってみてください。

        ↓

ザ フラッシュ マインドレーダー

|

わたし。

昨日から今日にかけて、久しぶりによく寝た。

起きたら脱皮をしていた。(・・・ような気分。)

僅かながらも、私は日々進化をしているらしい。

昨日までの自分と今日の自分は必ず違う。

だからもちろん、明日も違う。

意見が変わるのもあたりまえ。

そのせいで二面性があるとか、

掴みどころが無いとか言われるが、

人間なんてそんなもんだ。

その方が、面白いに決まってる。たぶん。

私はそう思う。

だから、日々別人でありたい。

明日の私に期待して、今日の私が終わる。

|

京の都。

1_1 昨日は京都に行ってきました。

金閣寺、龍安寺、仁和寺を拝観しました。

お寺を眺めていると、ゆっくりとした時間が流れて

Ryu_1人というものは、必ず過去と繋がりながら生きているのだな。と。

そんなことを改めて思い知らされます。

やっぱ京都って、いいなぁ。

|

維新派、遭遇。

Isinha1 維新派の「nostalgia」を観にいきました。

私が維新派に出会ったのは、98年公演の「王國」でした。

その時は舞台が始まったと同時に、音、呼吸、言葉、へんてこな動き、、、

といった独特なリズム感で舞台上を駆け回る白塗り集団に、

一瞬にして魂が引き込まれてしまったのを今でも鮮明に覚えています。

今回で観るのは4度目になるので、初めての頃のような衝撃は若干薄れてしまいますが・・・

それでもやはり、この集団の繰り広げる世界観にはやられっぱなしでした。

ただ今回はいつもと違い、前から二列目の席で舞台を近くで観れること、

また、相方と一緒だという事もあり、初めての事だらけでかなり興奮しまくっていた私でしたが、

極めつけの初の座布団席は、お尻がイタイ、イタイ・・・これにはちょっぴり残念な感じでした。

でもまぁ相方にも楽しんでもらえたようなので、とても充実した時間ではありました。

またいつの日にか、遭遇したいものです。。

|

願い事。

七夕といえば、願い事ですね。

私も毎年お願い事をします。きっかけは何だったのか覚えていませんが、20才の頃からしています。

今までどんなお願い事をしてたかというと、

巨乳になりたい。お尻が小さくなりたい。もうちょっと鼻がシュッとなって欲しい。

挙句の果てには、YOU(芸能人ね)みたく可愛くなりたい・・・などなど、

もちろん叶いませんでしたけど。私だって年頃の女の子だったんでしょう、

なかなか可愛らしいお願い事をしてた時もあったのだなぁ。。なんて、しみじみしてしまいました。

今思えば、あの頃の私は、自分自身の事もよく解ってなかったし、いろんな事において自信がなかったんだと思います。

見ためを変える事だけにこだわっていた私も、今まで生きてきた中でそれなりに経験値も増え、少しは自信もつけてきたつもりです。

やはり見た目よりも中身を磨くことで、人間的な魅力になるということも知りました。。

そんなこんなでやっぱり今年もお願い事をしてしまいます。

大好きな彼の、”一番”ではなく、”唯一”になりたい、です。

もちろんあの頃のように、叶うかどうかはわかりません。

でもあの頃とは違う私です。だからこの願い事を叶えるために、

これからも彼を惹きつけていられるような、そんな女性になっていけたらなぁと思っています。。

|

ロマンチック。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

7月7日、七夕です。

織姫と彦星は、どのような気持ちでこの日を迎えるのでしょう。

そんな今日、知り合いが入籍をします。

とっても素敵。自分のことのように嬉しくなってしまいます。

この場を借りて、書かせて頂こう。

「おめでとうございます。末永くお幸せに^^」

男と女、男と男、女と女。

色々な恋愛模様。

せっかく一緒にいるのなら、ロマンチックも時には必要ですね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

|

文鳥ニュース。

文鳥写真館を作りました。

携帯での撮影なので少々画像は悪いですが、

よければ見てやってください。

あぁーデジカメが欲しい。。

|

脱メランコリック。

♪メランコリニスタ 静かなハイで眠れない♪ ( YUKI /メランコリニスタ より。)

まったくその通りだ。静かなハイだ。

不眠と付き合いだして、もうかれこれ4年ほどになるか。

一時は完全な昼夜逆転状態で、自分でもやばいなと思いつつ薬に頼る日々を送っていた、、

そのお陰で世間の流れについていく事もままならない感じだったが、

今では薬はまったく飲んでいない。

半分開き直ってるせいか、はたして眠れないのか、あえて眠らないのか、、

実際まったく眠れないわけでもなく、睡眠時間が今までより短くても平気になった。

慣れってやつか。そんな感じ。長く付き合っていればそんなもん。

最近話題の芸能人も「薬物中毒」と取り立たされ、若干同情してしまうが、

きっと誰でも持ってるんだろう。

少なくとも私は持っている。

静かなハイ、、とやらを。

そんな隙をついてメランコリニスタは突然現れる。

だからなるべくでいい、できるだけでいい、

そいつの方を向いて、

少しばかり睨みをきかせながら、

ちゃんと向き合ってさえいれば、

きっといつか、メランコリニスタは逃げていくはずだ。

頑張らなくてもいい。諦めなければいいのだ。

そんな風に、私は思う。。

|

きのこ部。

21

前の記事にも書きましたが、ブログ開始一ヶ月記念として、

きのこ部に入部してみました。

特にこれといった機能は無いみたいですけど、

いろんなきのこの成長過程が、ゆっくりと見れるそうです。

あと、きのこの下にスクロールしてる意味不明な文面をクリックすると、

くだらなすぎて、たまらない発見がありそうですよ。

普段からきのこガイドを眺めながらニヤニヤしてる私としては、

ブログ上でもきのこが拝めるなんて、最高です。

いつか実際に育てれたらいいなあ。。なんて密かに思っています。

|

インターナショナル。

ブログを始めて一ヶ月経過。なかなか順調に続いています。ちなみに禁煙も続行中です。

ここ最近、アクセス数が増えてきているので驚いています。

私のつたない文章を初めて読まれる方、何度か読みにきてくれている方、

ほぼ私事なので、意味不明な点も多々あるとは思いますが、本当にありがとうございます。

なので今日は、どのような方々がこのブログを読んでくださってるのかを書いてみようと思います。

ブログをされている方はご存知かと思いますが、上記のことは、アクセス解析の中の”生ログ”で知ることが出来ます。

”生ログ”とは、いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのようにして、このブログに至ったか、ということを知るものです。

英語で習う、5W1Hというやつですね。(少しばかり強引ですが・・・)

とはいっても、個人名などはわかりません。ただ、個々にIDがつき、それが表示される形式です。

なので安心してくださいね。

生ログを見てみると、

まず検索ワードで見に来る人、(例えば、文鳥・タバコ・松たかこ など)

それから検索サイトでたまたま引っかかって来る人、

で、ココログ内の最新記事紹介ページで見つけて来てくれる人、

あとは私の相方ですかね。

その中で面白い人を見つけました。その人は本当によく読みに来てくれてるみたいなんですけどね、

その人のパソコン画面の表示言語が 「Engrish」 になってるではありませんか。

Engrish、、イングリッシュ、へーすごいなぁ。えっ英語?!

ということは、私の文章が英文に変換されて、それを読んでいるということですよね。そうですよね??

おぉっインターナショナル!!

遂に私が、世界をもまたにかけているということか。そうなのか。

まぁこれは大袈裟ですね。

こんな広いネット社会、いまどき当たり前なんでしょう。

それでもやっぱり嬉しいものです。ちょっぴり、いや、かなり興奮してしまいました。

残念ながら、その人がどこからアクセスしてきてるのかは分からないので、

想像するに、日本に住む外人さん、外国で育った日本人、

あるいは英語を勉強中の人があえて英語で読んでいる。

そういったところでしょうか・・・。

ココログって外国でも読めるのかな?詳しくわからないな。まいっか。

なので、1度その方にお尋ねしたい。

私のブログで楽しんで頂けてるのでしょうか・・・

英文になると私の言葉のニュアンスは、ちゃんと伝わっているのでしょうか・・・

でもまあ、私としては喜ばしいことですし、これからも書き続けるつもりなので

いつでも読みにきて頂けたらなぁ、なんて、思っています。。

|

メガサイズ・ミー。

マクドのメガテリヤキのCM。今日は朝っぱらからお目に掛かった。

そのたびに以前見た”スーパーサイズ・ミー”を思いだすのは私だけでしょうか・・・

内容を簡単に言うと、1ヶ月間毎日3食マクドで過ごすとどうなるかっていうドキュメンタリー映画。

今で言うなら黄金伝説のハード版とでもいいましょうか。それ以来かな、めっきり食べなくなったのは。

なんだか自分が、いかにテレビやら映画やらに踊らされてる感は否めませんが、

今話題の食品問題なんかもあるし、いったい何を信用したらいいのか・・・ほんと困ってしまいますね。

でもマクドもたまに食べると確かに美味しいんよねー、食べて美味しけりゃいいような、、、

てな具合に自分への言い訳を考えつつ、食べようか食べまいかを悩んでいる今日この頃です。

皆さんはもう食べましたか?? メガサイズ・ミー!!

|

感想。

彼に貰ったCD。ここ数日聴いている。

これまでにもいろんなCDを貰ったけど、それぞれにテーマがあった。

今回のテーマは女性ボーカル編。

聴いているあたしも、もちろん女。

なので、普通に感想をたらたら書くのも面白くないかなと思い、

各曲を女性の年齢に当てはめてみようと思う。

では、いきます。

1.ヴェルモット・フラワーズ/勝手にしやがれ+ego-wrappin'/32才~

2.サファイアの星/東京スカパラダイスオーケストラ feat.CHARA/15才

3.Ronnie/五島良子/27才

4.すてきなあたしの夢/AJICO/29才

5.Love in the air/SINGER SONGER/27才

6.ジョージ/クラムボン/16才

7.恋の極楽特急/小島麻由美/20~21才

8.声を聞かせて/flex life/28才

9.黄昏/Jitterin'Jinn/18才

10.ずっと/松たかこ/17才、25才

11.おなじ手おなじ目/パチャンガ/23~24才

12.霧の夜/湯川潮音/19才

13.願い/ハンバート ハンバート/26才

さて、いかがなものか・・・

これから聴くたびに変わるかもしれないけど、

今はこんな風に感じた。

私がまだ迎えていない年齢もある。

年齢は違えど、素敵な女の集まりといったところか。

そんな感じでとても気に入っている。

なので、興味のある方は是非聴いてもらえたらなぁと思います。

|

文鳥と私(その2)。

私は白文鳥さんと一緒に暮らしています。もうかれこれ2年ちょいたちました。

これは以前書きましたね。知らない方はこちらをどうぞ→「文鳥と私。

でね、こないだ友人と会ったときにどうして文鳥が好きなのかと質問されたことがあったんです。

その時は、好きなものは好きなんだと答えたんですけど、

そしたら友人は私も飼ってみようかなと言い出しました。

それを聞いた時にふと疑問を覚えたので、今日はそのことについて書きたいと思います。

思えば私は、物心ついた時から文鳥さんと接する機会が多かったんです。

それはきっと、両親が鳥好きで昔から文鳥を飼っていたからというのが大きいのかなとも思います。

それなりに文鳥に関しての知識もつけてきました。病気や怪我をすれば、病院にだって連れて行きます。

たかが文鳥におおげさな、、と思う方もいらっしゃると思いますが、

一生懸命生きていることに関しては、私たちと同じですもの。

なのに最近はペットもブームで飼ったりする人が増えていて、飽きたらポイっなんて人も多いみたいなので

飼っている私としては、一時的な感情だけなら飼わないでほしいなと願います。

少なくとも命を育むという行為は、やはり可愛いという気持ちだけでは無理なのではないかと思うからです。

だから、これからも文鳥さんが命を絶つときまで精一杯愛情を注ぎ、ちゃんと看取るつもりです。

こういったことを言うと、少し堅苦しいなと思われるかもしれませんが

一緒に暮らすうえで、当たり前のことだと思います。

極端に言ってしまえば、死ぬまで添い遂げたい、そう思わせてくれる文鳥さんは、

私にとってはかけがえのない大切な存在で、そんな文鳥さんがとても好きで好きで仕方ないわけです。

文鳥さんとは結婚は出来ないですけど、家族であることにかわりはないんですよね。

だから、友人は軽い気持ちで言っただけなのかもしれませんが、

正直私には、ペットを飼うということをなんとなく言ってしまうその友人が、少し理解できなかったんです。

やっぱり、私の方が深く考えすぎなのでしょうか。。

俗に言う、文鳥バカなんでしょうか。。。

文鳥バカという言葉があるのかはわかりませんが。。

でも私は、そのくらい本気で文鳥さんと一緒に暮らしています。

3

|

贈り物。

彼はいつもと変わらず傍にいてくれた。

私がつまらない嘘をついていたことを知っていたのに。

彼はいつもより強く抱きしめてくれた。

本当は彼だって傷ついていたのだろうに。

それでもなお、強く抱きしめてくれた。

彼は多くを語らなかったが、

人の為と理由をつけてついた嘘は、

人だけじゃなく結局は自分が1番傷つくのだということを教えてくれた。

私は、自分でもどうしたらいいのか解らなくて

パンパンになっていた心をわしづかみにされたようで、

熱くて、痛くて涙が出た。

嘘をついてしまったことに後悔をしているわけじゃない。

ただ、ただ、

大切な人の前では正直な自分でいたいと思う。

彼はいつでもいろんな贈り物をしてくれる。

昨日はそんな厳しくもある暖かな時間と編集CDを貰った。

今はその音楽を聴きながら、彼のことを想っている。

|

初体験。

今ネットカフェに来ています。

せっかくの初体験なので、感想でも書いて更新したいと思います。

まず、受付の兄さんはヒョロっとして頼りなさそうな感じではありましたが、丁寧に話し誘導してくれました。

で、今回来たところは2階と3階に分かれていて私の今使っている部屋は、3階です。

2階に置いてあるのが少年マンガ、3階が少女マンガをメインで置いてあります。

ちなみに私が読んだのは、ホムンクルス、バガボンド、ミナミの帝王、といったところです。

飲み物は飲み放題。

窓もない閉塞した空間の中に、小さなスペースごとに区切られた部屋がいくつも並び、

シャワー室なんかもあるみたいで、

常連の方にとっては、そんなシステムはいまどき当たり前なのかもしれないですけど、

なんか独特な空気感が漂っていて、そんな所に長時間いると、脳内の酸素が薄くなってくるような感覚に襲われます。

初めて来た私は少しばかり興奮しているようです。。

|

ミラクル。

私事ですが、相方が昨日からブログを始めたらしいです。

でもブログ名を教えてくれないので、ヒントだけ貰い探しました。

相方は「絶対見つからんよ」と言い、電話を切りましたが

どうやら私は、奇跡を起こしたみたいです。

くるり、くるり、至福の時間。

あたしの愛は深いのよ。。

|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »